IZURU のイスに座ってきました

昨日、投げ石の滝(なげしのたき)の第一回ライトアップが開催されました。(奈良県東吉野村)

あいにくの雨でして、その入り口に付近にある製麺屋さんの木造の美しい建物内で、東吉野村のマスコットキャラの「ひよしちゃん」と遊んだり、葛餅や、素麺ご馳走いただきました。

そしてその一角ではイスの展示が。

その展示会の主催はIZURU さんという吉野ヒノキならではの椅子を作る職人さんがたで、桜井市から移って今後ここを作業場にするとのこと。

「吉野ひのきで椅子をつくりたい」とする維鶴木工さんのこだわりのイスたちが整然と並ぶ。

赤い展示ブースに張り紙が。

はて、何が書いているのかな?と、

座ってみなけりゃわからないそうなので、座ってみましたよ、はい。

まず、これ。

これね、マジでやばい。高さもそうですが角度(座面と背もたれ)がイイですわ。

 

座面のクッションの色も選べるそうです。

正直、今まで座ったことのあるイスの中で一番「心地が良くリラックスできる」イスですね、マジで。

座ってて寝るとかではなくて普通にリラックスして座る感じでしょうか。人によって手を置く台が欲しいとかいいそうですけど、ない方が断然座りやすいし、私はこのままがいいですね。

これはホント座ってみないとわからなかったです。「ひとつぎ」という名前のイスだそうです。

 

さて、お次は「みつぎ」という名前のイス。

最初、変な形だな、と思ってましたが足を少し広げて座るとちょうど良く出来ていました。

レッスンの時にこれで仕事すると気持ち良さげですね。

まぁ、こんな高級なイスはレッスン会場にあるわけないですけど。w

 

あと、「いつつぎ」。一番右の赤いクッションのやつ。

これは、まぁ、特に何も感じなかったです。(すいません、個人的主観です。w)

ダイニングキッチンに置くようなイスのようです。赤いシートは綺麗ですね。

 

ということで、IZURUさんのイスをお借りしてサックスを吹いてみました。

私、イスに座って演奏したい派でして、イスにはこだわりがw。

そうですね、うん、高さと座面の広さも良い感じです。いい気持ち。

 

 

あと、イスとは関係ないですけど、事件発生!

なんと、愛用しているBGのサックスストラップの鉄が突然折れた・・・・。

これ、バリトンも使えるって触れ込みなんじゃないですか、アルトサックスのみ通常使用で普通折れます??

 

ま、でもIZURU のイスの座面が広くてサックスが床に落下せずに助かりましたが。

 

有り難うIZURUイス。

 

外部リンク : IZURU (維鶴木工)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です