Cadeson A-902 AS 使用の所感

格安入手のカドソン アルトサックス Cadeson A-902 AS。一ヶ月ほど使ってみての所感を書きます。(と言っても毎日この楽器だけ使ってたのではなく、合わせて4台のアルトを毎日とっかえひっかえ使っておりましたが。)

まず、音色はストレートに響く感じでとどまるところなく何処までも響いていくような印象。爽快感があります。かなり太くて、私にとっては澄んだ青空のような音色です。普段80と875を使っていますが普通にメインとして使えるアルトです。

上品に丁寧に雑みなく鳴らしてあげると良い感じになります。上品で太い音色というのはなかなか良いかと思います。

cadeson-a-902-as_175357

キイアクションは、キイの高さは最近の楽器なのに結構低い感じで好きです。ですのでアクションそのものはやりやすいです。 ただ、もった手の開き具合が結構大きめなので(左手を普通より大きめに開いて持つ感じです。)手の小さい女性には向かない可能性があるかもしれない。持った感がごっついのですね、つまり太いバットを持った感じ。(追記 あくまで80や875との比較。80Ⅱとはそんなに変わらないかもしれない。)

cadeson-a-902-as_175005

重量は測ってはいませんが少しだけずっしりきてる感じがします、なんとなく。レッスンでは6時間以上サックスをぶら下げているわけですが後日、気のせいでしょうかすこし疲労感が。ただもちろんテナーなんかとは比べてません、他のアルトと比べてですので常識の範囲では全然〇。

マウスピースの位置は通常の楽器よりも割とネックに差し込む感じです。まぁ、シリーズ3くらい差し込む必要はないですので問題もないです。

まだ全分解はしていませんので分かりませんが、一応メカ的にもしっかりした印象はします。ですが前回申しましたように、この個体ではオクターブレバー根元からデフォルトで歪んでついていました。こんなに高いオクターブレバーは見たことがないです。(写真参照)もしかしてこういうのって他でもあるんでしょうか?

私の場合は自分で修正を加えまして今は快適です。

付属ケースは背負った感、良いです。置いて立てた時の安定性も悪くない。チャックはそのうち壊れて使いにくくなると予想されます。既に使いにくくなってはいます。

そんなことで、セルフメンテナンス加えながら私は大切に使ってゆきたいと思っています。ちなみにこの楽器「山さー」と呼んでます個人的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です